妊婦のみなさん、男っていうのは子どもが生まれてからしか父親の自覚はでないものだと思っていたほうがいいのです。

\シェアありがとう!/

抱き上げて初めて「あ〜、父親になったんだなあ」と実感するのです。

夫婦生活を続けていると、色んな部分で考え方や感じ方のズレっていうのが出てくると思うんだけど、中でも大きなズレって僕が思うに妊娠期間中だと思うんです。

どんなズレかっていうと、親になったという自覚の芽生えは男と女でだいぶ違うものだということ。

一言で親になるといっても、男と女ではそれを事実として認識するまでにかなりの差があると思うのです。

スポンサーリンク

男が親になったと自覚するのは生まれた子を抱き上げたときだ!

20161127 02

僕はつい最近3児の父となりました。いやはや、赤ん坊というのはいくつになってもめちゃくちゃ可愛いですね

3児の父となったものの、その事実を自覚したのはやはり生まれた子を抱き上げたときでした。

こういってしまうとなんだか冷たい印象を持たれてしまいがちですが、赤ん坊をこの手に抱き上げるまで妊娠・出産というのがどこか他人事のように感じてしまうのです。

もちろん、妻が妊娠中に体調がすぐれないなんてときは、心配するしできる範囲で家事の手伝いもします。

だけど、お腹の中にいるまだ見ぬ我が子に対して父であるという自覚はないのです。

なぜ自覚がないのか、それは男だからだ!

20161127 03

妻の妊娠に対してなぜ他人事のように感じ、生まれる前から父親としての自覚がないのか少しばかり考えてみることにしました。

考えてみた結果、それは自分が男だからなのだろうと思うのです。

男性は女性と違い、身籠ることができません。女性は子が生まれる前からお腹にその子を宿すことができ、常にお腹の中にいる子と一緒にいることができますが男性はそれができません。

そこに親としての自覚の芽生えに差がでているのだろうと、勝手ながらそう思います。

だってまだ生まれていないんだもの。妊娠という事実はあるものの、まだ出産に至っていない。この手に子を抱けていない。

そのため自分の子という実感が正直いってわかないわけです。

だから自覚がない、できないんです。

妊婦は不安な気持ちを夫にわかってほしい。だけど夫は実感がないからわからない

20161127 04

第2子、第3子妊娠中はそうでもありませんでしたが、第1子妊娠中の夫婦生活はそれはそれは大変なものでした。

妻はすでに母親になった気持ちで自分に同じ気持ちをわかってほしい、父親としての自覚を持ってほしいという旨を求めてきます。

なにぶん妊娠が初めての経験だからこそ、それが強かったのだと思いますが自分としてはいまいちそれに共感できない。

こちらも初めてなのだから、父親としての実感がわかないためにわかりようがないと思う気持ちで衝突します。

父親としての自覚がみられないからといってあまり責めてあげないで

20161127 05

まったくまとまりのない駄文ゆえ、お前の主張がわからないよという人も多いでしょう。多いというよりほぼそうだと思います。

つまりは妻が妊娠中に母性が目覚めるのと同じように夫は父性に目覚めることは難しいということ。

その意識の違いにズレを感じてイライラすることがあるでしょう。

「なんでわかってくれないの?」

第1子妊娠中に妻が僕に向かって何度も投げかけたフレーズです。

父親になるという自覚は、子が生まれてその手に抱き上げるまでなかなか出てくるものではないものです。だから理解はできてもわからない。

まだ生まれてないから。

すべての男性が僕のように無自覚であるわけではないと思いますが、おそらく大半の男性は僕の感覚に近いものを持っていることでしょう。

イライラしたとき、この記事のことを思い出して「男ってしょせんそんなものだよな」程度に思い直すと、そのイライラも多少はおさまるんじゃないかなと、そう思うわけです。

子が生まれてからも自覚なしならそれはダメ男

20161127 06

子が生まれる前はまったく父親になるという自覚がなかったとしても、子が生まれた瞬間にウソでしょ?と思うほどに子煩悩になる男性はたくさんいます

多分僕もそういう部類。

子どもが可愛くて可愛くて仕方ありません。もちろん、叱るときは叱るし、褒めるときは褒める。そのあたりのメリハリはしっかりしているつもりです。

だけど子が生まれても全く興味を持てない、子は二の次で自分中心という男性も中にはいます。

そういう男は十中八九ダメ男、何を言っても無駄だと思います。よほど心に響く何かがない限りは父親であるという自覚は生まれないと思っていいでしょう。

余談

男と女で親としての自覚の芽生えに差があるのは、実際に男は妊娠を体験できないからです。

その差でイライラするのは仕方ありませんが、あまり責めないでやってくださいな。

ちなみに我が家の出産状況は第3子は妻が分娩室に向かってからわずか42分のスピード出産。第1子8時間、第2子2時間、そして今回42分。

もし第4子が生まれるようなことがあったら、30分以内に出てきそうだなあ。

この記事をお届けした
空論の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

\シェアありがとう!/

\フォローしとくといいことあるかも!/