車に興味がなかった僕が軽自動車からミニバンに買い替えた理由の半分は欲しかったからだ!

\シェアありがとう!/

欲しいときが買いどき。

勢いってマジで大事だと思う。

僕が生きてきた33年のうち、車を運転できるようになってからの15年間からさらに実際に生活する上で車を必要としている期間は今現在を含めて約8年間です。

約8年間という数字はこれまでの僕の人生の約2-3割といったところ。

僕はこれまで車は生活の足としての手段でしか考えていませんでした。

だから乗れればいいというスタンスでしか車を見てきませんでした。

そんな僕が半分勢いで新車の契約をしました。

ただの足としてしか見ていなかった、乗れればいいとしか思っていなかったのであれば、買い換えるにしても新車ではなく中古のやっすい車で良かったはずなのに、なぜ僕が新車を購入しようと思ったのか、その理由についてお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

欲しかったから買った。それが真実

20161128 02

結論から言おう。欲しかったから買ったのだ。それが真実なのだ。

欲しいと思ったものを買うのにそれ以外の理由は要らない。

……
いやー、そんなことを簡単に言えるほどの小金持ちならどれだけ良かったか。

欲しかったから買ったというのは半分本当ですが、もう半分は家族と楽しく過ごすための手段の1つとして車を利用したかったのです。

その半分のうち、さらに1/4くらいは家族が1人増えて5人になったから軽自動車だと家族全員で乗れないという深刻な問題と直面していたというのも理由として挙げられます。

5人乗りの車にしなかったシンプルな理由

20161128 03

さて、我が家は5人家族となって車を買い換える必要性があったこともあり車を契約したわけですが、5人乗りではなく7人乗りのミニバンにしました。

その理由はいたってシンプルなもので、5人以上で車に乗る可能性もゼロではないため。自分の家族以外に親戚だったり知人、子どもの友だちなんかを乗せて移動する可能性だってありますからね。

それに5人乗りだと後部座席に3人って、けっこうキツいと思うんですよね。子どもが小さいうちはそれでも問題ないだろうけど大きくなってくるとシート中央はイヤだという理由で小さな戦争が勃発するだろうなっていうのが容易に想像できちゃいます。

まあ、それだけじゃなくてそのうち6人家族になるなんて可能性もありますからね。

今は娘1、息子2の男女比1:2。できればあと1人くらい女の子が生まれてくれれば男女比も1:1になっていいかな〜なんて思っていたり。

気の早い話ではありますが。

中古車じゃなく新車で契約した理由

20161128 04

これまで車は中古車ばかりを利用していたのに、なぜ今回に限って中古車ではなく新車にしたのか。

はじめは子どもが生まれるからミニバンに買い換えよう程度にしか思っていなくて、中古車を中心に見ていたわけです。

ハナから新車なんて買えないとどこかで思っていたからかもしれません。

そこで予算を決めた中でいい車がないか探すわけですよ。とりあえず中古だしということで考えた予算がキリよく100万円。

でもね、100万円でミニバンとなると選択肢がかなり限られてきちゃうわけですよ

ぶっちゃけ”そこそこ”のものすら買えないという事実。

僕がそのとき考えていた検索条件は以下の通り。

  • 予算100万円以下
  • 6〜8人乗り
  • 走行距離8万km以下
  • 年式2004年以降

要約するとだいたいこんな感じ。

で、この条件でもヒットするにはするんです。だけど、やっぱりこの条件だとかなり厳しいと言わざるをえない!

少しでも条件を緩めようものなら走行距離10万キロ超え、年式2004年以前なんてものが多数を占めてきます。

こんな条件だと乗り潰す勢いで乗っても何年持つかは正直わからない。

すぐに故障が見つかって長いこと修理しながら乗らなきゃいけないかもしれないし、逆に何事もなくあと10万キロくらいは走ってくれるかもしれない。

想像以上に燃費が悪いかもしれないし、意外に伸びるかもしれない。

考えれば考えるほど、乗り潰すんなら中古車って違うんじゃないかと思うようになったのです。

しかもネットでいいなと思う車を見つけても、住んでいる場所からけっこう遠かったりするわけ。そうなるともう行く気が1/3以下にまで減少する。

1/3の情熱を持って見に行ってみて、イメージと違ったときのガッカリ感といったら…、他の良さげな車を探すかという気すらなくなってしまいます。

その点“新車で”となると、金額こそ格段に高くなりはするものの、その場にいけば契約さえすれば“確実に”手にすることができます。

もちろん納車までに時間を要することになりますが、それでも数ある中古車販売店を渡り歩きながら自分のニーズに合致する車を予算内で探すより幾分気持ちが楽です。

中古車にするか、新車にするかという葛藤の末に買えるか買えないかはさておき、新車っていいな、新車オーナーという響きっていいなと思った次第です。

何がいいたいのかって?

つまりは何かが欲しいなと思ったときは

欲しいときが買いどき

だと思って動くべきだということです。

で、結局どんな車を契約したのかって?
それはここでは本題ではないのでまた別の機会にでも。

とにかく今回いいたかったことは

欲しいときが買いどき(3回目)

ってことです。

今日のひとこと

特段裕福な生活ができているわけではない自分がまさか新車を買うことができるとは思ってもみなかったけど、やっぱり中古車を買うよりも格段に気分がいいものですね。

この記事をお届けした
空論の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

\シェアありがとう!/

\フォローしとくといいことあるかも!/