ドコモ光からNURO光に替えたらPS4が貰えた件。キャッシュバックや他の特典も選べて料金もお得だよ!

\シェアありがとう!/

僕はキャッシュバックよりPS4という響きに魅力を感じてしまった。

ドコモ光の契約が更新月ということもあり、乗り換えるか継続かを悩んでいたこともあり、乗り換えるなら…という流れでいろいろと自宅の光回線候補を検討した結果、我が家はnuro光に切り替えることにしました。

今回は我が家がNURO光に切り替えた理由、そして切り替えの流れ、切り替えた感想、メリット・デメリットについて紹介していくよ!

スポンサーリンク

NURO光とは

まず先にNURO光がどんなもんかっていうことについて簡単に解説。

まず読み方。
NUROと書いてニューロと読むよ。そのことを知らなかった僕は、「ヌロひかりヌロひかり」って連呼してて、正しい名称を知ったとき、ちょっとだけ恥ずかしかったことを覚えているよ。

次に通信速度。
通信速度は下り最大2Gbps、上り最大1Gbpsという超高速がウリとなる光回線となっています。他所の光回線が1Gbpsをウリにするところが多いところ、NURO光は数値上2倍というところがアピールポイント。

そして料金。
我が家は戸建てタイプのため2年継続前提であれば月々の利用料金がプロバイダ料金(So-netに限られる)、無線LAN(ホームゲートウェイ(ONU)に無線LAN機能が標準搭載)とがコミコミで月額4743円(税抜)となっています。

7階以下の集合住宅の場合、なる早導入を希望する場合は戸建てと同じ「NURO光」と、8階以上の集合住宅向けの「NURO光 for マンション」の2つのプランから選択することができます。

ちなみに、「NURO光 for マンション」はマンション内での利用者の数によって月額料金が異なっており、1900円(10人以上)から2500円(4人)となっています。

そして対応エリア。
現在のところ東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県の1都6県に限られています。それ以外のエリアでは今のところNURO光を利用することはできません。こればっかりはちょっと残念だなあと思うところ。

我が家がドコモ光からNURO光に切り替えた理由

ドコモユーザーはドコモ光を利用することで家計における通信費をおさえられるのに、なぜわざわざ全体で見て安くなるかどうかも不明なNURO光に切り替えたのか。

我が家のこれまでのLTE通信端末の運用はスマホが2台、タブレットが1台の計3台。ちょうどタブレットとドコモ光の2年縛りが同時期に更新月を迎えたということが理由として大きな1つです。

この2年、タブレットでの通信の9割9分はWi-Fi。まったく外で通信を必要とすることがなく、その分の通信費は無駄なだけでした。というわけで解約。「タブレットの運用コスト2200円=ドコモ光の割引金額2200円」で相殺だったこともあり我が家に占める通信費が全体で安くなるわけではありませんでしたが、これまでと同額の通信費支出で切り替えが可能だったということが大きい。

むしろほんの少しだけ安くなった感じ、我が家の場合は。

そしてもう1つの大きな理由、それは・・・

_人人人人人人人人人人人人_
> キャッシュバックや! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

この存在は純粋にやはり大きなもの。

我が家の場合はNURO光への切り替えでPS4を絶対貰えるキャンペーンを利用して切り替えました。

もちろん絶対現金欲しいマンのための高額キャッシュバックなんてのもあったけど、僕にはそのとき現金という響きより、

PS4が絶対貰える+10人に1人にPSVRが当たる

という響きの方が魅力的だと感じたわけです。

まあ、これにも理由があって、現金キャッシュバックって何ヵ月以上ってあるじゃない? 例えば早くても3ヶ月とか、6ヶ月とか、長いものだと1年後だったりとか。

これね、忘れてることが多いんですよ。プロバイダメールでお知らせしてくれるケースもあるかと思うんですが、プロバイダメールってそもそもあまり使われていない印象が強いんですよね。メールの設定関係に疎かったりすると、それだけで難易度がグッと上がる。

思い出せてもさらにキャッシュバックの申請を自分でしなきゃいけないことがほとんどだから、その期限が間近に迫っていたら慌てふためき、申請方法ってどうやるんだっけとさらに慌てるなんてことにもなりかねませんから。

僕も過去に契約9ヶ月後に3万円のキャッシュバックにつられて光回線を契約したことがあったんだけど、まさにこれで見事にギリギリまで忘れてた。現金キャッシュバックって申し込みのときはすごく満足感あるんだけど、そのあとの待ちが物凄く長いから忘れてしまいがち。現金キャッシュバックを考えている人はそのあたりはご注意を。

申し込みから切り替えまでの流れ

僕は今回PS4絶対もらえるキャンペーンサイトから申込をしましたが、どのサイトでも基本的に入力する内容は一緒です。必要な情報は以下の通り。

  • 契約者氏名
  • 住所
  • 連絡先電話番号
  • 連絡希望時間帯

内容を入力したら折り返しの電話を待つのみ! 待つのみ!

で、希望通り、僕の都合の良い時間帯に電話をもらい、キャンペーンの内容を簡単に説明してもらって納得できたのでそのまま回線切替の手続きをしました。

僕が利用したキャンペーンでは光回線に加えて光電話への加入が必須でしたが、あとから外すことも可能ということで我が家にとって何も問題なし。切替工事については室内→屋外の順で計2回必要でした。

僕がNURO光の申込を行ったのが5月下旬。電話でまずは室内工事の日取りを決めるわけですが、5月末には工事の手配ができたのもあって順調でした。屋外工事は室内工事後1週間空ける必要こそありましたが、こちらも日取りはかなり早い日を提案していただけたこともあり、よほどのせっかちさんでもない限り申込からの待ちの期間もストレスを感じることは少なそうです。

我が家の都合の関係で、屋外工事は6月下旬でお願いしたわけですが、とても良い対応をしてもらえたと思います。ただ、土日祝日を工事日に指定すると、別途3000円がかかってしまうため、できれば平日に手配したほうがいいでしょう。

我が家は妻が自宅にいるのでその点は問題ありませんでしたけどね。

そして屋内外2回の工事後に無事NURO光が開通、そしてドコモ光を解約という流れです。

NURO光への回線工事が終わる前にドコモ光を解約しちゃうと、回線開通までの間自宅の通信環境がなくなっちゃうんでそればっかりは注意が必要です。

NURO光に切り替えた感想は

今回NURO光に切り替えて思ったことは、申込した時期的なものもあったかとは思うんだけど、予想以上に対応が早かったとうい点でしょうか。やっぱりこういった申込って夏とか冬に主に集中するのかなあとは思うけど、それでも早いと思います。

どんなにモノが良くても事がスムーズに進まないっていうのはストレスになりますからね。その点とても満足しています。

NURO光のメリット・デメリット

さて、ではNURO光を検討している人にとって気になるメリット・デメリットを紹介していきましょう。

メリットはまず料金面。他所の光回線より若干安い。
そしてホームゲートウェイ(ONU)に無線LAN機能が搭載されているので、無線LAN親機を必要としないという点です。もちろんホームゲートウェイの無線LANを経由すると速度は最大450Mbpsとなるためそれより高速を求めるならば、やっぱり別途無線LAN親機が必要とはなりますが…。

ただ、そうはいってもパソコンやスマホは常に新製品を追い求めているというような層でもなければ無線LAN環境下において、この速度で不満を抱くようなことは一切ないでしょう。

また、キャッシュバックにおいて、So-net会員サポートアプリで逐一状況を把握できるので忘れにくいことと、手続きがよくわからないという人でも動画で受け取り方が紹介されているのもいいですね。

So-net 会員サポート

So-net 会員サポート
無料
posted with アプリーチ

続いてデメリット。
これがデメリットとなるかどうかは人によるとしか言いようがありません。我が家の場合はまったくもってデメリットにはなっていませんが、人によっては2Gbpsなんだから劇的に通信速度があがることを期待されるかもしれません。

がしかし先述した通りWi-Fi運用がメインだと、思っていたのと違うという勘違いが生じかねないなあと思うことから、一応下り最大速度2Gbpsを体感することは難しいという点はデメリットかと思います。

NURO光の選べるキャッシュバック

さて、今回僕はPS4欲しさ(あわよくばPSVR当たらないかな)でNURO光に乗り換えたわけですが、やっぱり絶対現金キャッシュバックがいいマンも相当数いるかと思います。

NURO光の新規・切替キャンペーンは多数行われているので、NURO光を検討している方は自分の欲望が反応するキャンペーンを選択すると良いでしょう。

PS4+PS Storeでのゲームソフト購入に使える5000円分チケットがついてくるキャンペーンはこちら。

有料オプション加入期間不要でキャッシュバックかPS4かを選べるキャンペーンならこちら。

キャッシュバック申請を忘れがちな人も安心の申込時同時申請ならこちら。

開通後、即PS4がもらえる(PSVRも1/10で当たる)キャンペーンの申込はこちら。
※複数のサービスへの同時加入が必要ですが、PS4がもらえたら即解約OKなので月額料金も発生しません。

複数のサービスに加入する必要はあるけど、自分で忘れずに解約して4万円キャッシュバックを選ぶならこちら。

ちなみに…僕が利用したPS4キャンペーンからPS4受け取りまでの流れ

参考までに僕がPS4キャンペーンからの申込からPS4を受け取るまでの流れを紹介しておきます。

170629 2

まずはSo-net会員サポートページのキャンペーン適用状況が「受取済み」になるのを待ちます。僕の場合は開通した日の翌日午後にこの状態になりました。

何も受け取っていないこの時点で「受取済み」となっていることに少々の不安を覚えますが、問題ナッシング。

170629 3

で、それから5日以内にPS4引き換えクーポンがSo-netのプロバイダメール宛に送られてきます。そのため、So-net会員サポートアプリは必須といえるでしょう。このアプリを使えばパソコンやスマホにわざわざメールアドレスを登録せずともウェブメールとしてチェックすることができます。

僕の場合は受取済みの表示になった翌日の昼(つまり2日後)にメールが送られてきました。

170629 4

170629 5

あとはソニーストアにアクセスして、ソニーIDでログイン(初めて利用する場合は必ず新規登録しましょう)メールに記載されているクーポンコードを入力、登録します。これまたメールに記載されているPS4の型番を確認しつつ、購入手続きを行います。

170629 6

もらえたのはPS4型番CUH-2000。キャンペーンサイトの記載では型番CUH-1200だったので、ちょっと異なりますが違いといえば光デジタル出力端子がなくなったことくらいなのでこだわりがある人でもない限り、これで全然OKでしょう。

170629 7

クーポンコードの登録が完了していれば、注文確定時に自動的に0円になりますよ。

今回の教訓

自宅の固定回線も、少しでもおトクを追求する時代だと思います。お金持ちほど格安SIMを使っているというデータもあることから、そろそろ脱ドコモに本気を出す必要がありますね。

この記事をお届けした
空論の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

\シェアありがとう!/

\フォローしとくといいことあるかも!/