ブログデザイン変更中

現金より現物。自宅の光回線をNURO光に切り替えたときに選択したPS4が我が家に届いたからもろもろ揃えたよ

スポンサーリンク

自分よりも子どものほうが興奮してた!

ドコモ光からNURO光に切り替えて約1週間で、特典だったPS4が我が家に届きました。

PS4ってどちらかというと子どもよりも大人向けってイメージが僕にはあったんだけど、販売されているゲームを見てみたら案外子どもと一緒に楽しめそうなゲームもあるんもんでした。

PS4が届いたそのときの興奮を収めてみたので今更感満載ながら、フレッシュな子どものはしゃぎようとともにレポートしたいと思います。

我が家にPS4がやってきた!僕も子どもも大興奮!

まずは僕がPS4を入手した経緯について先に説明しておくと、自宅の光回線をドコモ光からNURO光に切り替えたところからはじまります。

ドコモ光についてはこちらを、

NURO光についてはこちらをご覧ください。

で、NURO光への切り替えを行ったわけですが、そのキャンペーンのウリだったPS4が我が家に現着したのが回線切替からちょうど1週間ほど

ひっそりと開封の儀を楽しむのもいいかと思ったわけですが、子どもにとっては朝起きたら見たことないゲーム機がセットされていたという状態より、箱から出すときのほうが絶対ワクワクするよな〜なんて思ったもんだから仕事の休日を迎えるまで、押入れに寝かせてひっそりとその刻がくるのを僕も悶々としながら待っていたのでした。

そして休日を迎えたその日、子どもはPS4を目にしたらどんな反応をするのか興味を抱きながらビデオカメラを回したのです。

いやはや、あまりよくわかっていない様子の姉と、とりあえずヒカキンが遊んでいたというゲーム機であることを知っていた様子の弟、その反応はサンタさんが枕元に毎年置いてくれるプレゼントの箱を開封するに匹敵する、いや、それ以上の興奮具合にキャッシュバックより現物プレゼントを選んでよかったなあなんて思うわけ。

キャッシュバックだと案外家族も忘れた頃にやってくることのほうが多いため、ゲスな僕は家族のためにとか、子どものためにとかより先に、こっそり自分のために使っちゃいそうだし、というより昔BIGLOBEのキャッシュバックキャンペーンではこっそり使っちゃったし。

子どものこんな素直な反応は、自分の薄汚い大人の闇を抱える心に染み渡りますなあ。怪我した部分を消毒された気分。

ちなみに子どもたちがPS4の開封の儀を執り行う様子はこちら。


PS4届いたけど設置場所どうするよ問題はスタンドで解決

170714 1

見た目はすっごいアメリカンな感じ

さて、PS4が届いたことで、子どもと一緒にゲームして遊ぼうとあらかじめ考えていたわけですが、設置する場所を考えなくてはいけないわけ。

というのも我が家の3番目の坊っちゃんが最近ハイハイ気味に動き出すようになったこともあり、手の届く範囲に置くことはすなわち危険を意味するわけ。

赤ん坊がケガする可能性もあるし、PS4がお釈迦になる可能性もどっちもある。というわけで買いました、縦置きスタンド。

一言でスタンドっていってもけっこういろんなタイプがあるんですね。シンプルに縦置きするだけの純正スタンドに加えて、冷却ファン付スタンド、コントローラの充電ができるタイプのスタンドに、ゲームもセットでしまえるスタンドとその種類も多様。

PS4すげえ。

というよりPS4をとりまく周辺環境の充実具合がすごいんだろうけど。

170714 2

オマケにアナログスティックキャップがついてきた

で、数あるスタンドの中から僕が選択したのは冷却ファン付かつ、ファンのオンオフをボタンで行えるコントローラ充電可能な縦置きスタンド。

170714 3

すでにWiiをセットしている高台に加える形でセットすると、ゲームセットタイプだと場所取りすぎちゃうんでまあ仕方ないね。

170714 4

ちなみに、コントローラを2個までセット&充電できるスタンドでした。

PS4を子どもと遊ぶために一緒にゲームショップ行ってきた

正直なところ、PS4のゲームってけっこう年齢制限確認するのが面倒とだけど、それ以上にゲームを選んでるときのワクワクする感じってのは大人になっても変わらないもんなんだなあ。

ネットで買うのが手軽でいいけど、せっかくだったんで子どもと一緒にゲームショップに足を運んで一緒にワクワクしながら選んできました。

いくらネットが便利で安いといっても、箱を手にとって裏面見てどんなゲームかを想像するワクワク感ってネットじゃ得ることができない体験だよなあなんて思いながらセレクトしてきました。

僕が選んだゲーム、子どもが選んだゲーム

さてさて、小一時間ゲームショップでゲームを眺め、どのゲームを遊ぶか子どもと一緒に選んだ結果、僕は2本、子どもも2本でフィニッシュです。

まず僕が選んだゲームはこれ。

立体起動装置おもしれえ!

まだまだ下手っぴだけど、空中を飛び回って巨人を狩る快感、気持ちいい。。

これ、VRで当事者目線で楽しめたらもっとスゴいことになりそう。絶対酔うと思うけど。

そしてもうひとつがこちら。

昔PSPでプレイしたことがあったこともあって(ほとんど遊んでないけど)単純に楽しそうだなって思って買った1本。半端ない数の巨大な虫たちとのバトルに爽快感を見いだせました。

で、これって巨大な虫とのバトルだけじゃあないのね。ステージを消化していくとでっかいUFOみたいなやつが出てきたり、ロボットみたいなんがでてきたりするのね。

めっちゃアリ出すUFOとか、いくらアリ倒してもステージクリアにならないもんだから小一時間考えちゃいましたよ。そしたらUFOっぽいやつを狙わないとダメなのね。

難しいけど面白いなあ。

そして子どもが選んだ(というより選ばせた)のがこれ。

僕も昔PS1で遊んだ懐かしい感じのゲーム。PS4用でもあったんですね。もうめちゃくちゃ懐かしくて思わず懐古房にでもなった気分でした。

子どもより僕のほうが夢中になってたかも。

ドラクエXIの発売日、間もなくですね…今後の購入予定は

欲しい。

マジで欲しい。

僕がふとゲームを卒業したのは13歳。DQは7の途中まてプレイしたんですが、どこで石碑を取り忘れたのか、先に進めなくなったことでゲーム自体からフェードアウトした過去。

それでもDQ6まではすべて遊んだいわば子どもの頃の思い出ですわね。自分の子にもドラクエで冒険するっていう体験を共有して欲しいのかもしれない。

もちろん自分が遊びたいってのも大きいけど。

妻に内緒でいつの間にかゲーム収納ボックスの中にあったという体で、子どもと一緒に遊ぼうと思います。

そしてもう1つがこれ。

昔ならヒーローになりきって戦うっていう体験が主だったけど、大人になった今、僕にはこういうプレイ体験こそ必要な気がする。

というよりめちゃくちゃ面白そう。

というわけで、この2つを購入したいと思います。

今回の教訓

小さな子どもって至極単純なもので、これまでニンテンドースイッチが欲しい欲しいと毎日のように言ってましたが、PS4が我が家に届いた瞬間に、これまでがウソのように毎日PS4で遊びたいと言っている模様。

今はパパが休みの日しかプレイしてはいけない決まりとなっているので、土日祝日が待ち遠しいようです。

ご存知ですか? PS4を無料でゲットできる方法

発売から4年が経過したPS4ですが、まだまだ高価なゲーム機であることには変わりありません。僕もなんの考えもなければPS4を入手しようとは思ってもみなかったことでしょう。

ご自宅の光回線、今なにを契約してますか?

もし、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県の1都6県にお住まいなら光回線をNURO光に切り替えるだけでPS4を無料でゲットできるチャンスです。

この機会に光回線の切り替え、検討してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です