Amazon一辺倒でいいのか?楽天アフィリエイトもあなどれないよ。もしもアフィリエイト、やってみんね?

\シェアありがとう!/

楽天アフィリエイト侮りがたし。

よし、これからブログアフィリエイトでいっちょ稼いでいこう! って思ったら、大半の人がおのずとたどり着く先はGoogle AdsenseとAmazonアソシエイトの2本柱でしょう。

他アフィリエイトだと成果を出すまでにそれなりの時間やコツを掴むまでの経験が必要なケースが多いなかで、Google Adsenseはクリック報酬型広告だし、Amazonアソシエイトは成果報酬型といっても多くの人が使う身近なものということもあり、取り組みやすいアフィリエイトの方法として間違いないものだと思います。

この2本柱ともいえるアフィリエイトですが、特にAmazonアソシエイトの手応えをなかなか感じることができないなら、僕の経験からして楽天アフィリエイトを併用することをおすすめします。

スポンサーリンク

侮りがたし楽天アフィリエイト

170727 02

Amazon内の商品を紹介して買ってもらい、報酬を得ることができるAmazonアソシエイトがあるように、楽天市場の商品を紹介することで報酬を得ることができる「楽天アフィリエイト」があります。

この「楽天アフィリエイト」っていうのが実は侮りがたいというか、楽天という市場が侮りがたいのですよ。

自分が使わないサービスだと選択肢から外してしまいがち

僕はAmazonと楽天市場ならAmazon派。ネットで買物するならAmazonを利用することがほとんどでした。

その理由は基本なんでも揃っていて、注文したらすぐ届く。楽天市場で注文した場合は送料のことだったり、見た目的に買う気にならなかったりってことがけっこうな確率であったりしたわけです。

だから僕がブログアフィリエイトを始めた当初は楽天アフィリエイトって手段は選択肢にすら入っていなかったわけです。だけどそれって僕の勝手な都合なんですよね。

僕がAmazonしか使わないからって、読者も同じとは限らないわけ。人によっては僕とは逆でAmazonより楽天市場派っていう人も確実に存在するわけ。

商品レビューなんかをブログで記事にするとき、購入検討者がAmazon派ではなく楽天市場派だった場合、ブログ記事がきっかけで商品を購入しようと思っても商品名を楽天市場で検索して購入するという流れになる可能性が高いわけです。

Amazonアソシエイトのリンクから購入してもらえれば、自分の収益になるのに、楽天市場から購入されたんじゃあ自分の収益にはなりませんからね。

そういう意味で購入先の選択肢って1つである必要ってないんですよ。もし商品レビューを収益の方法の1つにしているのであれば、Amazonアソシエイトだけでなく楽天アフィリエイトも併用すべきです。

楽天アフィリエイトを併用するにあたって注意すべきこと

170727 04

Amazonアソシエイトに加えて楽天アフィリエイトを併用することで、購入検討者に選択肢を与えて取りこぼしを防ぐというのは極めて重要な方法だといえます。

ただ、注意しておく必要があるのは楽天アフィリエイトの成果報酬についてです。

楽天アフィリエイトの成果報酬の形

楽天アフィリエイトの報酬における支払い方法には以下の3通りがあります。

 月間報酬報酬形態
3000ポイント以下楽天スーパーポイント
3000ポイント以上楽天スーパーポイント+楽天キャッシュ
10万ポイント以上銀行振込(現金)

この表を見れば一目瞭然なんですが、楽天アフィリエイトってアフィリエイトという名こそついているものの、報酬を現金で得ようとするととてつもなく高い壁が立ちはだかるんですよ。

その壁というのが②の3000ポイント以上という壁。楽天アフィリエイトを利用して1月あたり3000ポイント以上の成果を上げることができれば楽天キャッシュという方法で楽天スーパーポイント以外の報酬を得ることができます。

楽天キャッシュとは
買物や旅行にも使える電子マネーのこと。楽天銀行口座を持っていれば換金も可能

たとえば1月で4000ポイント分の報酬を得ることができれば、3000ポイント分は楽天スーパーポイントで、残りの1000ポイント分は楽天キャッシュで得ることができます。

ただし、以下のいずれかが必要となります。

いずれかを行ってリンク登録を行います。

ただし、楽天キャッシュを楽天銀行経由で換金する場合はその分の手数料が10%かかってしまいます。そのため、例えば5000円分の楽天キャッシュを現金化しようとすると手数料が500円分かかるため、実質4500円しかもらえないということになります。

まあ、アフィリエイト報酬の振込手数料だと考えればそれはそれで我慢できる気はしますが、なんだか損してる気分になることは間違いない。

楽天アフィリエイトで獲得した報酬をすべて現金で得ようと考えると、③の1月10万ポイント以上というラインを超えなければなりません。

3000ポイントという壁を越えるということも、ブログアフィリエイト初心者にとって高い壁のように思えますが、その後ろにそびえ立つ1月10万ポイントという壁は、果てしなく高い壁に感じられます。

というより事実、その壁は険しく高い。そうまでしないと現金で報酬を得ることのできないんじゃあ楽天アフィリエイトは切り捨てていいんじゃあないだろうか?

普通ならそう思うと思います。事実、僕もはじめはそう思っていたのだから。

楽天アフィリエイトの成果報酬を手軽に現金で得たいならもしもアフィリエイトが超有効

②の方法だと胸中にしこりが残り、かといって③の壁は高すぎる。だけどアフィリエイトするなら現金でもらえてこそだと思うわけ。

そこで楽天アフィリエイトを切り捨てなかった人は、楽天アフィリエイトで発生した成果報酬を全部現金で得る方法がないかを探す旅にでるのです。

そこで僕がおすすめするのがもしもアフィリエイトなのですよ。

もしもアフィリエイトが楽天アフィリエイトの壁を粉砕する

170727 03

もしもアフィリエイトを利用して楽天アフィリエイトと提携することで、楽天アフィリエイトでは高い壁でしかなかった現金報酬の獲得が可能になります。

このことを知れば、目の前にあった高すぎる壁は崩れ落ち、果てしない海が広がっていくはずです。なんだか進撃の巨人のような、そんな世界観かも。

ただし、理解しておかなければならない点が1点あります。それは成果における紹介料が一律1%となってしまう点。

例えば1000円の商品がリンクを介して楽天市場で売れた場合、10円の報酬となります。これがもしもアフィリエイトではなく楽天アフィリエイトのリンクであればものによって料率が変わる可能性があるため、その点は不利になります。

が、しかし。現金を得る手段としては、10万ポイント分のポイントを1月で得るより料率1%でも現金獲得できるもしもアフィリエイトを利用したほうがはるかに難易度は低いのですよ。

Amazonともしも(楽天)のリンクをセットでスタイリッシュに紹介するブログパーツサイト

170727 05

Amazonアソシエイトと同様に、もしもアフィリエイトを使えば楽天アフィリエイトでも手軽に収益を現金で得られることがわかりました。

が、しかしそこで問題なのが、わざわざ2つのリンクを作成するって手間なんじゃね? って問題。わざわざ「Amazonはこちら」「楽天市場はこちら」という形でそれぞれ商品リンクを作るって正直面倒なんですよ。

読者側からすると見た目もあれだし。そこで利用したいのが「カエレバ」「ヨメレバ」の両ブログパーツ作成サイト。これは便利です、マジで。

これらを使えば、Amazonと楽天の同一商品をスタイリッシュに並べて紹介できます。

Amazonから買う人はAmazonボタンからAmazonへ、楽天から買う人は楽天ボタンから楽天へそれぞれジャンプできます。

ヨメレバの場合はこの2つに加え、Kindle、楽天kobo、その他のしょうかが1度で済みます。僕らの紹介も楽だし、ユーザーも探す手間が省ける。まさしくWin-Winですわな。

サイト ヨメレバ
サイト カエレバ

サイトからキーワード検索をしてブログパーツを作成する。これだけでも便利ですが、ブックマークレット機能を使うことでAmazonや楽天市場で開いている商品を即リンク作成してくれるというのが非常に便利なポイントであると、そう申し上げておきましょう。

さらに…CSSジェネレータの存在を知っていればカスタマイズもバッチリ!

170727 06

ブログのカスタマイズがよーわからんって人にとって、コピペでOKなカスタマイズ紹介記事からコピペしたCSSをスタイルシートに張り付けても、レイアウトがうまくいかなかったりと悩みの種となってしまう場合があります。

もう少し自由に、そして簡単にカスタマイズしたいと思ってしまう気持ち、わかります。そこで活用したいのが、CSSジェネレータなのですよ。

自分の好みのスタイルにカスタマイズしたCSSを完成図を見ながらサクッと作成できる「カエレバ・ヨメレバCSSジェネレータ」は僕らのようなカスタマイズ貧乏の強いミカタになってくれることでしょう。

サイト カエレバ・ヨメレバCSSジェネレータ:つばさのーと

もちろん、利用するブログのテーマによって若干の修正が必要になるケースもありますが、自分好みにカスタマイズできるなら、コピペOK記事からの完コピよりも、自分色を出すことができます。

今回の教訓

僕は楽天カードを使うようになってから、貯まったポイントを楽天市場で利用することを覚えました。それまではなにがなんでもAmazonっていう感じだったけど、楽天市場も案外悪くない。

というよりポイントの貯まりようによっては楽天市場でもAmazon以上に安く購入できるってもんですよ。

と消費者目線で得を考えると、必ずしもAmazonではないんですよねえ。どっちも用意しておけば、まず間違いないってことですわ。

この記事をお届けした
空論の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

\シェアありがとう!/

\フォローしとくといいことあるかも!/