ブログデザイン変更中

首都圏のドコモショップの混み具合は異常。解約くらい電話でOKにしてくれないと店も客もけっこうツラいよ

スポンサーリンク

待ち時間5時間とか田舎じゃ考えられないね。

機種変更、オプションサービスの追加から解約までネット上もしくは電話でできるのに、なんで解約はショップを経由しなくちゃいけないのかな?

これまで惰性でドコモと契約してきましたが、格安SIMの選択肢が充実し、それぞれに特色も出てきたことからそろそろドコモからの家族まるごと乗り換えを検討しています。

中心部じゃなくても駅前飛び入り待ち時間が5時間

僕が住む横浜戸塚は横浜のなかでも割と田舎です。以前ちょっとした用があって駅前のドコモショップによってみたところ、対応は5時間待ちとそれはそれは驚くべき長さに日を改めたわけです。

まあ、田舎とはいっても駅前だし、休日だったし、近くにドコモショップないしといういくつかの理由に仕方ないかと納得し、来店の受付予約をして後日目的を達成しました。

郊外なら…そんな考えは甘かった

170630 4

で、今回は前回の反省を踏まえ、田舎とはいっても中心部でなければそうそう混むことはないやろという希望的観測を胸に秘めつつ、郊外の駐車場付のドコモショップに行ってみたわけです。

ほどほどの広さに安心しつつ、ショップ内に入ってみたところなんと郊外の店舗でも5時間待ち。しかし今回はタブレットの解約を目的にやってきたこともあり、引くに引けずに順番が来るのを待つことにしました。

周囲にいろんな店があって助かった

いやはや、まさかそんなに待つとは思ってもおらず途方に暮れつつも、周囲にこまごまとした店舗があったお陰で時間を潰すことができたのが唯一の救い。

これ、周りに何もなかったらマジで絶望しかないじゃんね。料金プラン相談とかならまだしも解約とか修理依頼ならさほど時間がかかるもんでもないだろうからサクッと流してくれればいいのになあなんて思いながら、ただただ番号が呼ばれるそのときを待つのでした。

これが田舎だと…

これが田舎だと待ち時間はグッと短縮されてると思うんですよね。現に僕が以前すんでた長崎佐世保だと、曜日関係なくどんなに長く待っても1.5時間くらい。

それに加えてショップ同士が近距離かつその数も多い。これは改めて思ったことなんだけど、都会になればなるほど周辺ユーザーをカバーしきれてないんでないかな。

用件別窓口に分けた方がいい

170630 2

この辺りは仕事のやり方になってくるかとは思うんだけど、用件に対応する窓口を思いきって区切っちゃったほうがいいんじゃあないかと感じます。

用件によってサクッと終わるものがあれば、時間がかかるものがあるんだから、サクッと終わる用件専用窓口みたいなのがあれば、待ちぼうけしなければならないユーザーの数を減らすことができるんじゃあないかと思うわけ。

たとえばサクッと終わる用件専用窓口の対応は1回あたり10分以内とか。それだったら解約やら料金プラン変更といった簡単な処理なら流れるように済ませることができるでしょう。

むしろ電話1本で完結できればそれが1番良い

170630 3

とはいうものの、やっぱり解約するためにショップに出向くっていうのは不満です。

ドコモ光の解約は電話でできるのになぜ携帯端末の解約は電話で受け付けてもらえないのか。窓口で解約を申し出たとき、解約作業に費やした時間はわずか5〜6分とかそんなもの。マジで。たったそれだけの作業をしてもらうために5時間も待つって本当に時間の無駄だと思うの。

作業効率化が叫ばれる昨今、このあたり改善の余地は大いにありですね。

※ドコモ光を解約してNURO光に乗り換えた話はこちら。

今回の教訓

こういうこと書くと「来店予約」すら知らないの? とツッコまれたりするわけだけど、知っとるわそれくらい!

そういうことじゃあないですよね。

仕事の都合でなかなか行けないという人もいるわけで、そういう人ってショップに出向けないために解約のタイミング見失うことになっちゃうと思うんだ。

不便極まりないこの仕組みって欠陥だなあ。これからは契約、解約の仕組みがシンプル、わかりやすい、手軽なところが支持されていくんだろうなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です